あけぼの法律事務所|

● AKEBONO LAW OFFICE
トップページへ戻る

■ 取扱業務のご案内

主な業務内容

民事一般 不動産売買、借地・借家、相隣関係、売掛金などの債権回収、金銭トラブル
交通事故 医療事故
離婚(慰謝料、財産分与、親権等)、婚姻費用分担
遺言(遺言の作成・執行)、相続(遺産分割・遺留分減殺)、成年後見
会社法・企業法関係
労働法関係、労災事故
破産(個人・法人)、民事再生(個人・法人)
債務整理(個人・法人)、過払い金返還請求
刑事事件・少年事件
顧問業務
契約書作成

執務時間

月曜日から金曜日 午前9時30分から午後5時30分
※事前に御連絡を頂ければ、上記時間外も対応いたします。



所属弁護士プロフィール

弁護士 浅野 博史(あさの ひろし)
■略 歴
1949年生まれ
1974年弁護士登録  東京大学法学部卒業

事件処理を丁寧に進めること、そして早期の解決を図ること、それがご依頼者の権利、利益を保護し、実現するために大切です。  
私は日常的な事件の他に、薬害訴訟、冤罪事件をはじめ、国に対する行政訴訟などに携わってきた経験のもと、常にそのように考えています。

弁護士 平田 依子(ひらた よりこ)
■略 歴
1978年生まれ
2007年弁護士登録  京都大学法学部卒業

「相談してよかった」などの言葉を頂いたときや、事件が解決しスッキリした表情をされるご依頼者の姿をみたときに、この仕事をしていて良かったと思います。 事件の解決に至るまでの道のりは決して平坦な時ばかりではありませんが、ご依頼者の方と共に一歩一歩進むことが、より良い解決につながると思っています。





諸 費 用

弁護士費用
相談をするときの相談料、事件を依頼するときの着手金、事件を解決したときの成功報酬、遠方に出張したときの旅費日当などです。
その他の費用
弁護士以外に支払うものとして調停申立や訴訟提起するときの印紙・切手代があります。
鑑定を必要とするときは鑑定人に対する鑑定料があります。
弁護士に依頼するときに、弁護士と話し合って着手金や報酬について具体的な取り決めをし、委任契約書に書きます。
相談料
特殊専門的なもの以外は、30分5000円、その後30分ごとに5000円です。
事件の解決のためだけでなく、事件にならないようにするためにも、早めの相談をお勧めします。


着手金、成功報酬

着手金、成功報酬、手数料は(旧)日本弁護士連合会報酬等基準を準用しますが、
例えば民事一般事件の着手金、成功報酬は概ね次の表のとおりです。
それ以外についてはお問い合わせによりご説明いたします。

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え3,000万円以下の部分 5% 10%
3,000万円を超え3億円以下の部分 3% 6%
3億円を超える部分 2% 4%

通常の事件のおおよその目安
相手方に金銭を請求する場合、着手金は請求額の5%程度(但し最低額10万円)、
報酬は取得したものの金額の10%から15%程度です。

離婚を請求する場合は、着手金が30万円から50万円、報酬が30万円から50万円です。
ただし、慰謝料、財産分与などの取得したものの金額が多いときはその5%から10%を報酬に加算します。

遺産分割事件の場合は、着手金が30万円から100万円、報酬は取得したものの金額の5%から7%程度です。

いきなり、調停とか訴訟でなく、内容証明による交渉から始めるときの着手金は、調停・訴訟の着手金の1/3から1/2程度です。
交渉がうまくいかず、調停・訴訟に移行したときは着手金の差額を追加で支払って頂くことになります。

以上は、相手方に請求をする場合ですが、逆に相手方から請求される場合は、上記とは若干異なる取り決めをすることになります。

個人の自己破産申し立ての着手金は20万円から40万円程度、個人の民事再生申立の着手金は40万円程度です。報酬は不要です。

刑事事件は、着手金が20万円から50万円程度、成功報酬も同じ程度の額です。

どの事件でも着手金の支払いが困難なときや、その他の事情により、着手金の一部又は全部を報酬のときの後払いにすることがありますので、ご遠慮なくお申し出下さい。











■あけぼの法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満1-11-20
イトーピア西天満 804号室
TEL 06-6362-5535(代) FAX 06-6362-5537